トップページ  >  会社情報  >  行動規範

「健康経営優良法人2020」に認定されました。


当社は、2020年3月2日、経済産業省および日本健康会議が主催する健康経営優良法人制度の大企業部門において、 従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」の取組が優良であると認められ、 「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」の一社とし認定されました。



健康宣言

わたしたち東京ガスグループは、

長きにわたり「安全・安心・信頼」という企業ブランドのもと、

24時間365日、安定した都市ガス供給を通じて、

お客さまの快適な生活や産業の発展を支えてきました。


近年、エネルギーの自由化や、デジタル化の急速な進展などにより

エネルギー業界は大きな変化を迎えています。

東京ガスグループ唯一のIT企業として、当社の担う役割はいままでより広く、

より重要となってきています。


当社は、あらゆる環境・時代の変化に対応していくため、

一人ひとりがその変化を愉しみ、

自らが変えていくという決意を、ビジョン『はじめてをカタチにする会社。』に込めています。


その役割を全うするためには、

社員が心身ともに健康で働ける環境を作ることが重要だと考えます。

社員の働く活力を高め、健康で楽しく働き、

一人ひとりが最大限のパフォーマンスを発揮できる職場作りに取り組み、

その活動を基盤に、エネルギーの安定供給とお客さまの豊かな生活を支えていきます。


代表取締役 社長執行役員

鴫谷 あゆみ

体制図

体制図

取り組み

■メンタルヘルス対応

メンタル不調の増加を防ぐべく、社員一人ひとり・管理職・産業保健スタッフ・職場外の専門家などが連携し、複合的な取り組みをおこなっています。

 《主な取り組み》

 ①ストレスチェックの実施(年1回/目標:100%実施)

 ②産業医・看護師による各種面談(随時)

 ③ラインケアに関する教育(年1回)


■健康維持

身体的な不調により働けなくなることを未然に防ぐため、様々な支援を行っています。

 《主な取り組み》

 ①健康診断の100%受診の徹底(年1回)

 ②産業医面談による健診結果の有所見者への受診勧奨(随時)

 ③生活習慣病予備群に対する保健指導(随時)


■ライフワークバランスの充実化

育児や介護により家庭と仕事を両立しながらはたく社員が増えてきているため、家庭と仕事を両立できる環境をサポートする取り組みをしています。

 《主な取り組み》

 ①在宅勤務

 ②コアタイムなしフレックスの適用

 ③勤務表データおよびPCログデータの突合による労働時間の管理(毎月)


■執務環境の整備

社員が集中して業務に取り組めるよう、メリハリをつけて働ける環境を整えています。

 《主な取り組み》

 ①リフレッシュコーナーの設置

 ②服装の通年軽装化

 ③スタンディング会議室の設置


■社内コミュニケーションの活性化

業務上、リアルなコミュニケーションが少なくなりやすいため、社員同士がイベントを通じて交流し、親睦を深める場を提供しています。

 《主な取り組み》

 ①全社イベント(大規模イベント年1回)

 ②全社コミュニケーションタイムの設置とコーヒー無料提供(年4回)

 ③ボウリング大会(年1回)


以上

ページの先頭に戻る