トップページ  >  その他  >  情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

東京ガスiネット株式会社(以下、当社)は、お客さまからお預かりした情報資産をはじめ、取り扱うすべての情報資産のセキュリティの確保に万全を期し、ITサービス企業としての社会的責任を全うすることを目的に、「情報セキュリティ基本方針」を定めました。

当社は、社員及び関係者一人一人がこの「情報セキュリティ基本方針」を遵守し、企業活動が遂行できるよう具体的な規則ならびに行動基準を示すとともに、管理体制の充実を図り、情報セキュリティレベルの絶えざる維持・向上に努めます。

  1. 情報セキュリティの目標

    当社は、情報セキュリティ管理を適切に実施し、情報セキュリティ事故を未然に防止することを目標とします。

  2. 情報セキュリティ管理体制の設置

    当社は、「情報セキュリティ委員会」を設置し、情報セキュリティの具体策立案・運用、違反の防止・検出・対応および再評価を推進いたします。

  3. 情報資産の機密性保持方針

    当社は、情報の漏洩と情報資産の不正利用の防止に努めます。

  4. 情報資産の完全性保持方針

    当社は、情報資産の改竄、不正使用の防止に努めます。

  5. 情報資産の可用性保持方針

    当社は、情報資産の可用性を損なわないように適切な作成、構築、運用を行います。

  6. 教育

    当社は、「情報セキュリティ基本方針」の目的と業務への適用について、全社員と協力会社社員に対して適切な教育を定期的に行います。

  7. 監査

    当社は、情報セキュリティの管理・運用が適切に行われていることを監査し、結果を情報セキュリティを構成する機構や要素にフィードバックし、情報セキュリティレベルの維持ならびに向上を図るべく、継続的な改善に取り組みます。

  8. 外部委託先の管理

    当社は、業務を外部に委託する場合、信頼できる外部委託先を選定し、適切な契約を締結のうえ情報資産の管理を徹底し、外部委託先からの情報漏洩の防止に努めます。

  9. 改定

    本基本方針は、法制度、社会情勢、技術革新等の変化があった場合、必要に応じて改定するものとします。


東京ガスiネット株式会社
代表取締役社長 圓角 健一

ページの先頭に戻る